お馴染みさんに。

関東地方は雲に覆われて、太陽が恋しい気もする8月の終わりですね。みなさん体調など崩していませんか?私もイマイチスッキリしない毎日で気圧に振り回されていますが、いっときの忙しさからは一息ついて、1日1本!と、どこかのコマーシャルのような制作スケジュールで今週は進めています。台風が去ったらまた暑くなりそうですから、まだまだ日傘活躍しそうです。

今年はパラソラも4年目。嬉しいことにリピーターのお客様が増えてきました。そもそも傘屋さんというのは街の商店街にある小さなコミュニティで成り立つお店屋さんで、老若男女、どなたにも合ういろいろな傘を揃えて販売していました。そんなお店を見て育ってきたからでしょうか、ネットショップといえども、お客様の好みがわかるようなお店がいいなと思っています。生地のこと、おしゃれのこと、情報交換しながら少しづつ続けていけるのが理想です。日傘を通して集まった良いもの情報がまた誰かのお役に立てたら、なお良いですものね。昔のお店やさんにはそんな情報交換の役割もあったかも知れませんね。「ここちょっと調子悪いけど治る?」なんて気軽に声をかけてくれるお馴染みさんが増えてくれたらいいなと思っています。

今日ご紹介の日傘はそんなリピーターのお客様。昨年の日傘を気に入ってくださって今年もオーダーいただきました。昨年は沢山のお着物の中から選んだ初めてのオーダー、そして今年も。一度作ると、日傘になるとこんなかんじかしら?と想像もしやすくなって、また作って見たくなるのかもしれませんね。白木の手元もこのお花柄にぴったりですよね。年齢を選ばず永く差していただける日傘になりました。色が落ち着いているので秋の街にもしっくりなじみそうです。たしか昨年も10月中は日傘を差している方を見かけたので、今年もまだまだたっぷり使ってくださいね。

image

Like
1