アクセント

image

今年は白と紺の浴衣ばかりで作っているかもしれません。シャキッとした感じが見た目の涼しさを呼ぶので好きなんです。でもたまにはこんな風に、遊んでみるのもいいのかな。ほんの少し、赤い色を足しました。

こだわりの日傘体験

image
まさに夏休み真っ只中の横浜赤レンガ倉庫。都会と違って風が気持ちいいところは流石に海辺ですね。

昨日もワークショップへ行って来ました。
職人体験では指ぬきを使うのが難しいようで、みなさん指輪状態になっていましたが、器用に仕上げていただきました。あまりに様になっているので見学者の方は職人さんだと思ったみたいですよ。体験中と聞いて驚いていました。

大人向けに考えていたミニミニ日傘も、難しいところも小学生、作れますね〜。個性豊かに出来上がりました。
「こだわりポイントは?」と聞くとしっかり
「薄色の傘にしたから持つところは濃い色にしました。」とセンスの良いお答えが。
なるほどぉ。ぜひ、これからの日傘制作の参考にさせていただきたいと思います!

ご参加いただいたみなさまありがとうございました。一緒に作れてとっても楽しかったです!
image

プチ職人体験

image赤レンガ倉庫で開催中のワークショップでは、プチ職人体験もしていただきました。「根気がいる作業ね」とおっしゃりながらも、みごとに完成しました。夏の間、沢山使ってくださいね。お疲れ様でした。

横浜赤レンガ倉庫でワークショップ

今日も暑くなりましたね。
今日明日と、横浜赤レンガ倉庫でワークショップ開催中です。
小さな傘でも生地を選んで飾りを選んで、楽しんで参加していただいています。

写真は九州から遊びにいらしてるという参加者さんの作品。レースが効いてかわいいのができました。

image

IMG_0298

横浜赤レンガ倉庫 夏の臨海学校2014

梅雨、明けました。

関東甲信越地方もついに梅雨明けしましたね。いよいよ日傘の季節到来です。ミニチュア作りもこの辺で、本物作りを再開します。オーダーメイドも、まだまだ今年差せますのでご検討くださいね。image

小さい小さい日傘2

image
小さな日傘にレースをつけて、バージョンアップ。CDジャケットは「シェルブールの雨傘」で有名なミシェルルグラン。パリの傘屋さんみたいに、小さな傘を沢山作って並べても楽しいかもしれませんね。

小さい小さい日傘も!

image関東地方は雨の土曜日になりました。いかがお過ごしですか。暑さも一休みで身体もお休みモードに入っているんでしょうか。私はおととい辺りからクーラーに負けて節々がジリジリしてます。

さて、小さーい傘を作っています。これは7/25(金)〜26(日)に横浜赤レンガ倉庫で開催されるイベント、「夏の臨海学校」のワークショップのひとつです。子供達と一緒に大人も楽しめるワークショップをということで、プチ職人体験と小さな小さな日傘作りで参加します。この夏作った傘の残り部分を利用して、皆さんにも日傘作り楽しんでもらえたらと思います。手元はやっぱりカギ型がいいですかねぇ。小さくてもタッセルあった方が可愛いですよね。もう少し試行錯誤してみます。

 

浴衣の日傘

image
雨が上がると、途端に暑くなりますね。

晴れの日を待って浴衣の日傘を撮影しようと待ち構えていましたが、なかなか上手に晴れてくれないので、曇りの撮影です。こうして更新してる時に晴れてるのがなんと恨めしいこと。

今年はデッドストックの反物から、いくつか日傘を作りました。長い間タンスの中で眠っていると、やけてしまって、なかなか使い道が難しいですが、日傘にはうってつけ。この写真の日傘も外側のやけたところも使っています。淵は落としてしまうので、言われないと気がつきませんよね。

アフリカンプリントの日傘


image今年のアフリカンプリントは折りたたみで作りました。昨年オーダーメイドで作ったときに、袋に入った姿があまりに可愛かったので今年は全部折りたたみ。単純です。(笑)桜やエゴなど味わい深い手元は手元職人さんの作。なので、なかなか他にはない素敵な日傘になったのではないかと思います。ネットショップでも販売を始めたので興味のある方はぜひ覗いてみてくださいね。

ひ・が・さ展 終了しました

image
神楽坂temameでの『ひ・が・さ展』、無事終了しました。
あいにくのお天気の中、足をお運びいただいたみなさま、ありがとうございました。ネットや案内状を通じてご紹介くださったみなさまにも感謝です。おかげさまでたくさんの出会いにも恵まれました。ありがとうございました。
さて今年もいよいよ後半戦。まずはオーダーメイドのお預かり品をしっかり仕上げて、お届けしたいと思います。

ひ・が・さ展

神楽坂temameで展示中の『ひ・が・さ展』、毎日沢山の方にお越しいただきありがとうございます。日傘の楽しさに目覚めてしまったと、楽しそうにお話しするのを聞くと嬉しいものです。色々な傘に対する思いも聞けて、今後に反映できそうなことも、毎日発見の連続です。

image

ご注文の流れ

▶︎生地を選びます

kimonoji■オーダーメイドの日傘
ご用意いただいた生地でつくる場合は
90cm幅程度の生地、または着物用の反物を選んでください。
■セミオーダーの日傘
お好みの生地を選んでください。
*いずれも表示価格は基本の手元をつけた傘の状態 の価格になります。

▶︎お好きな手元に変更できます。

kihon■手元をお選びください。
表示価格は手元を変えるための 変更価格 になります。
手元によって露先やボタンなども変更されます。

 

▶︎小物を変更できます。
タッセルやお好みのボタンをつけることができます。
ご希望のものがあれば生地と一緒にお送りください。

▶︎ご注文&生地の発送
ご注文に進み、手続きを完了させてください。

▶︎生地をお送りください。
生地到着後、日傘に作れるかを確認して、
改めてご請求のメールをお送りします。

▶︎日傘制作 ▶︎お振込み確認後発送
スケジュールにより、生地到着後振込を待たずに
制作に入りますが発送はお振込み確認後となります。

tatoeba