日傘の下準備

image

関東地方、今日は雪になりました。こんな寒い日は集中して仕事がはかどるので、夏に向けての今年の日傘を作り始めました。特にテンションを上げるためにも明るくて楽しい生地を中心に裂いて縫っての1日です。傘作りの最初の仕事は生地を足で押さえてザーッと縦に裂いていくのですが、何せ両手と足がふさがっているので写真が撮れなくて残念です。大きな生地が日傘サイズになると印象が変わってくるので「わっ!これ可愛いわ〜。」とか「いいんじゃないの〜」とか、ひとり寒さを忘れて盛り上がっています。さて一服したらこれからフチをかがって行きます。

昔ながらのボタン

image

今年最初の日傘は藍染でのご依頼。ホックよりもボタンが似合うかなと思ってクラシックなボタンをつけることにしました。無意識に留めているボタンですが、手縫いで付けるこのタイプは今ではすっかり見なくなりました。お手持ちの傘に、もしこのボタンが付いていたら今では珍しいのでどうぞ大事に使ってあげてくださいね。

新年おめでとうございます。

image

暖かくてお天気にも恵まれたお正月、地元の神社に初詣でにでかけてきました。おみくじをひいたところ、結果は「末吉」。

「末吉」は「小吉」より吉が少なめなんでしょうか? 伸びしろが多そうな吉運です。どれどれ、どんな小さな吉運が?と目を通してみると「末吉」とは思えないほど嬉しいことが書いてありました。 商売ー利益相当あり

素晴らしい!(≧∇≦)苦節3年。相当というのがいいじゃないですか。波線引いて飾っておきたいぐらいです。これを支えに今年一年、頑張りますよ。恋愛は深入りするな。とさすがに「末吉」らしくあまりよくなかったですが、みなさまに愛されるパラソラになれるよう今年も良い仕事をしていきたいと思います。どうぞ本年もご贔屓に、よろしくお願いいたします。

傘の張り具合

さっき張ったばかりの小さな日傘、長い手元をつけたら可愛いかなと、来年に向けてのサンプルを張ってみました。image上の写真は型通り張ったもの。下は調整したものです。

最近は手芸でも日傘が作れるようですね。型通り作るのはそう難しくないと思いますが、型を作るのは結構難しくて、型ができても生地が変わるたびにこうして調整をします。洋服で言う所の補正ですね。傘の場合1mmの違いは8mmの違いになって出てきます。最初の頃はきつくて傘が開かないとか、頭のてっぺんがピョコっと飛び出すなど、市販品では見たことないような失敗傘がいくつも出来上がってました。

手芸の傘でも生地をオリジナルに変えると、うまくできないことがあるので気をつけてくださいね。きつくて開かないのも困りますが、素敵な生地がダブダブなのも残念ですから。時々ギブアップしてお電話いただきますが、直せなくはないと思うのですが、パラソラの日傘とは型が違い、作り方も違うので、今のところは頑張ってくださいと励ますにとどまっています。意地悪じゃないんですよ、ごめんなさいね。いよいよ力尽きたらご相談ください。

この傘も、これでよしとするか、もう少し修正できるのかさっきから眺めて考えています。

雨傘も作りたい

image念願の裁断台を大きくしました。これでやっと雨傘の裁断もできるようになりました。下の写真の木型は日傘用で、紙の型紙は紳士用雨傘。こんなに大きさが違うんです。ここだけの話、裁断作業、手が短いのでいっぱいいっぱいです。

傘の修理@破れ


image

前回の傘のパンクに続いて修理のお話。
今日の日傘は、車でひいてしまい、骨が折れてしまったそうです。今シーズン使っただけですもの、ショックですよね。生地も破れて汚れてしまったとのこと。「お気に入りなので再び同じものを」とご注文をいただきました。壊れてしまったのは残念でしたが、お気に入りと言ってもらえたのが嬉しくて「まだ廃棄されていなければ張り替えをしてみませんか。」とご提案しました。

生地を送ってもらい、新しい骨に張ってみると、傷んだ三角のコマと骨の取り替えで復活できそうす。使える生地は、お洗濯で汚れを落とせば、またパリッと蘇ります。生地が破れていたのでちょっと大掛かりになりましたが分解して張り直しすることになりました。

image

お預かりしての洗濯はこんな風にばしゃばしゃ洗います。真似して洗うと、後で縮んで骨に入らなくなることもありますからご注意くださいね。市販品は骨から外れない物もありますからシャワーで汚れを落とす程度が無難かもしれません。そしてよ〜く乾かすこともお忘れなく。今頃の季節にこうして夏の汚れを落としておくと長持ちしますよ。

汚れも落ちてスッキリした日傘をお届けすると、諦めていた日傘が復活したと、とても喜んでいただきました。修理して大切に使ってもらえて嬉しいです。パラソラの日傘、不具合があったらぜひお知らせくださいね。修理は初期不良以外は有料になってしまいますが、メンテナンスして気持ちよく使ってもらえたらと思います。

忘れてました。傘の送料、意外に高いんです。1400サイズぐらいあります。そこが積極的にお洗濯や修理をお受けできない点なんです。

傘のパンク⁉︎

image

左の状態、いわゆる傘がパンクしたといわれる状態ですが、破れと違って基本直ります。購入したお店に相談してみてくださいね。デパートなどアンブレラマスターのいるお店では、簡単な修理をしてくれる所もありますが、この状態はお預かりしてのお直しになります。これを直すのには全ての綴じ糸を外して傘を骨から外して縫い直し、また骨と合体させて綴じなおしです。この骨の数だと、48箇所ほどいて48箇所綴じなおし。8本骨の傘ならもっと手軽なので、まだ使える傘、捨ててしまってはもったいないですね。

パラソラでは、パラソラの日傘に限り修理のご相談承っています。

糸立てビフォーアフター


image

さて9月も終盤、日傘作りも一段落。次のあれこれを始める前にやっておかなければと、春からの課題だった糸立てをやっと完成させました。

シーズン前にやっておかないと大変と言っていたのに、そのままシーズンに突入してしまったので、案の定大変なことになりました。
今はすっきりして、糸に関してはとても作業効率が良くなりました。

こちらがビフォー。この後足下にもあった糸の箱を上に重ねて崩れそうになりながらも、それなりには使えてました。
image

ウエディングの日傘

image

夏真っ盛りの7月、ウエディングの日傘のご依頼がありました。

最近はガーデンウエディングや海辺での披露パーティーも増えているので、花嫁さんの日傘もこれからはドレスとコーディネイトするのはいいかもしれませんね。もちろんゲストさんたちにもかわいい日傘、差してもらいたいです。

オーダーでのレースやフリルは作れるデザインにまだ制約がありますが、レースを選んだり、どのぐらいのボリュウムがいいかと考える時間は楽しくて、テンション上がりますね。縁にレースをつけると、巻いたときのシルエットはこんなに華やかになります。普段にも使えるようにと、素材にもこだわって素敵な日傘が出来上がりました。

可憐な花嫁さんにぴったりのクラッシックなドレスと日傘で、素敵なお式になったことと思います。
どうぞこれからも末永くお幸せに。

勝ち虫の日傘

image赤紫色の素敵な日傘は浴衣から。日本の伝統色とでもいいましょうか、日本女性にはとても似合う色だと思います。身につけるものに取り入れたら、美人度がしっとりと上がりそうですよね。

そしてもう一度、よ〜く見くださいね。右の方にほら、白鵬関のお名前が。さすがに力士の浴衣、縁起の良いトンボ柄なんですね。俊敏さと、前にしか進まないトンボの習性にあやかって、勝ち虫とも呼ばれる勝利を呼び込む吉祥柄だそうですよ。

お客様もこの日傘を差してお相撲にお出かけするのを楽しみされていたのですが、その白鵬関は昨日、残念なことに休場を発表されましたね。1月の初場所復帰を目指しているそうなので、どうかしっかり養生して、また強い横綱に帰ってきてもらいたいものです。そして休場してたって応援してますよ〜というアピールに日傘が一翼を担ってくれたらと思います。

オーダーメイドならでは

image

 

前回ご紹介のラッピング、中にはこんな元気いっぱいの日傘!
こちら有名ブランドさんの生地からお仕立てしています。このゆるい感じ私も大好きです。すぐにでもリゾートに飛んで行きたい気分になりますよね。

最初、生地をお預かりした時、縦向きの柄だったので、日傘になると柄が横になってしまいますとご相談して始めました。でもせっかくのデザインですものね、考えた結果、デザイン重視で地の目を横に裁断しました。やっぱりこの向きにしてよかった。実はこちらのブランド、既製品の傘もあるんです。パラソラもいつか仕入れて販売したいなぁとも思っている可愛いデザインです。でもこの日傘は誰も持っていない1本だけの日傘になりました。もうお届けから随分たったので、プレゼント喜んでもらえてるといいですね。あいにくの雨続きですが、一度晴れたらまだまだ暑いですから、きっと晴れの日を楽しみに待ってくれているんじゃないかな。

夏のラッピング

image

真夏の間。プレゼント用のリボンを涼しげなものに変えてみました。ボンボンをお花に見立てて、リボンは華やかに見えるように二重リボンに結んでいます。

少しづつ進化して、やっとパラソラもお店屋さんらしくなってきました。

残暑お見舞い申し上げます。

image

久しぶりの晴れ間。途端に夏が戻ってきましたね。朝は洗濯物を室内に干していましたが、外出しようと思った途端にパ〜っと晴れてきました。こうなったら外に干したいと出がけにバタバタ。日光に当てたら気持ちいいですものね。慌てて日傘を忘れてきたら首の後ろが暑い暑い。

今日は半袖に短パンの人から、ニットのベストを着込んでいる人まで、いろんな格好の人を見かけました。季節の変わり目、どうぞ体調崩さないようにお気をつけ下さいね。

ノスタルジックな日傘

image

レースの日傘をお探しのお客様からのお問い合わせ。普段レース生地は難しいので、オーダーではお受けしていないのですが、ご相談を重ねるうちに、丁度パラソラにある生地がイメージ通りとお話がまとまって、今日ご紹介の日傘ができました。

実はわたし、出来上がりを見てすぐに、小倉遊亀の『小径』という絵を思い出したんです。

image

夏の1日がぎゅっと詰まったようなこの絵、昭和の子供時代を過ごした世代には懐かしい風景ですよね。
日傘を作り始めてからずっと、こういう暮らしの中のシンプルな日傘を作っていけたらいいなと思ってきました。

今日のレースの日傘はその点、ずっとずっと先になって、思い出のつまった愛用品になってくれるのではないかと思います。将来、「この日傘はおばぁちゃまが若い頃から大切に使ってきたのよ。」なんて目を細める姿を妄想して、ひとりニヤけております。

お写真送っていただきありがとうございました。

手書きタッチの日傘

image

今日はツィッターの写真から私の日傘のご紹介。傘を作り始めた最初の頃に作ったものです。こういう手書きタッチのデザインが大好きで、お気に入りの1本です。浴衣だったような記憶が遥か遠くにぼんやり残っていますが、白紺ベースの柄は夏涼しげで洋服に合わせても違和感がなくて、重宝してます。今、電車の中で浴衣の女性がお隣に座っていますが、この傘にも浴衣はぴったり。夏に日本の染物が目に入ってくるのは涼やかで気持ちいいですね。細身の手元をつけたので、そこだけは取り替えたいところ。パラソラの手元に慣れてしまうと細いのは、重心が取りにくく感じます。

藍染の日傘

夏休みに入ったせいか、電車もいつもより空いていて楽になりましたね。そうは言っても電車に乗るどころか雨が降ろうが台風が来ようがひたすら傘作りに熱中して、夕方になってしまうこともありますが…。もう少し時間に余裕を持ちたいものです。

今日の日傘は琉球藍染工房さんの藍染の折りたたみ日傘です。

image

爽やかな藍と白のコントラストの効いたデザインが特徴です。琉球藍と聞いたからでしょうか、どことなくおおらかに感じられるのは。この日傘以外にも藍染ってこんな風にも染められるんだと、いつもちょっと意外な藍染を見せてくれます。これから神戸で展示と聞いていたのですが、更新が遅くなってしまったので神戸は終了して今は新宿ですね。その後、名古屋など全国を飛び回って忙しく活動されています。

琉球藍染工房
http://ryukyu-i.net/index.html

紅型染めの日傘

image

今日ご紹介するのは、小さな柄が可愛い日傘。
なんと、ご自分で紅型に染められたそうです。可愛らしいですね〜。こうしてみると、小さなお花柄がコロンとした形の可愛いお菓子、金平糖みたいにも見えますね。今まで大切にしまっておかれたそうですが、ついに日傘となってお披露目の日がやってきました。お着物に合わせてお出かけされたお写真を送っていただいたのですが、そのお着物姿がまた、ゆったり着こなしていらしてとっても素敵なんです。お着物に日傘を差してのお出かけ、いいですね〜。最近パラソラにはお着物のお客様が増えて、おしゃれさん方にとっても刺激されています。

お預かりした紅型の生地は50センチぐらいの幅で約2m。確かに何か作るにはちょっと幅が狭くて作るものを選びそうでした。でも日傘にはぴったりです。よくぞ日傘と引き合わせてくれました。こうしてとても素敵に出来上がって、これから夏の間大活躍してくれそうです。

小鳥の日傘

早いもので、神楽坂てまめでの日傘展が終了して2週間。足をお運びいただいた皆様ありがとうございました。今年もたくさんの出会いがあり楽しい展示会になりました。

あれからせっせ、せっせと縫い続けて、やっと展示会中お預かりしたオーダーメイドのご注文がすべて仕上がりました。大変お待たせしました。

image締めくくりの日傘はかわいい小鳥の生地でご注文いただきました。たっぷり贅沢に生地を使って柄合わせをしています。裁断にとても集中力が必要なので、暑くてイラっとしてたら絶対できません。なので今回はシャワーを浴びて、しっかり頭を冷やしてからの作業開始です。印つけなしの型から直接裁断なのでホント、緊張するんです。
さて、この日傘、オーダーのおもしろさがとても出ていると思うんですが、生地で見た時の柄の配置、黄色と緑色の鳥が上下交互に並んでいるのがわかりますか? どの鳥もなるべく首のところで切れてしまわないように、どちらの鳥をメインにするか、慎重に考えての位置決めです。

出来上がってみると素敵なことが起きました。

image

いかがでしょう。お花の冠みたいに見えませんか。鳥のつながりもリズミカルになりました。裁断を少し変えるとまた印象の違うものに出来上がるので想像してみるのも楽しいですね。お忙しい毎日の自分へのご褒美、喜ぶお顔が見られて私もハッピーな気分になれました。素敵なお仕事をありがとうございます。

さぁ、ここからまた一踏ん張り。お待たせしている日傘、頑張ります。ご注文いただいているみなさま、もうしばらくお待ちくださいね。

ひがさ展最終日

image

やっとお天気が良くなってきましたね。良くなったのは嬉しいけど途端に暑くて参りますね。でもせっかくの休日なので日傘で神楽坂散歩、楽しんでもらえたらと思います。ちょっと横道に入るとこんな石畳み。軽めの食事やお茶のお店も充実してるのでぜひお出かけください。

何度かお越しいただいているお客様が、今年はてまめまでの道に迷うかたが続出です。2015DM_Oそれというのも路地の周りがちょっと様変わりしています。飯田橋から毘沙門天さんを過ぎた次の角を曲がります。藤色の和カフェのちょっと先です。

 

日傘で木陰風

image

ギャラリーの写真をみて、後ろにある日傘が気になるとお問い合わせいただいたので、ご紹介です。生地は本染めでぼかしを入れて染めてもらいました。わさびの葉っぱをデザインしています。今日はお天気が悪くて残念ですが、光にかざすと、室内で見るのと全然違うので、外でかざしてもらっています。葉っぱの下で涼をとれたらいいなと思ってつくりました。
image

さて、神楽坂での展示も残すところあと3日。土曜日までです。毎日午後2時から夕方6時まで、オーダーのご相談などもうけたまわっていますので、ぜひお立ち寄りくださいね。

今週も日傘展

image

今日は、なでしこジャパン残念でしたね。ちょっと目を離した隙に点が入っていて、日本のゴールシーン見逃しました(; ̄O ̄)ワールドカップは終わってしまったけど、ひがさ展はまだやっています。今週土曜日まで!

2015年 6/30(火)〜7/11(土)
伊藤ノブコの「ひがさ展」
神楽坂 てまめ
新宿区袋町2番地 鈴木ビル1-C
11:00〜18:00 日曜定休

水玉の日傘

image

神楽坂temameのある路地は、こんな感じで苔や草が生えていて、雨のあとはいい感じです。大きな椅子に包まれて、水玉の日傘はおとぎ話にでも出てきそう。この日傘、今年は色ちがいで赤と青、周りにラインがあるものとないものの、4種類あります。
セミオーダー的に、柄を選んで色を選んで、持ち手も選べます。

image

6/30(火)〜7/11(土)
伊藤ノブコの「ひがさ展」
神楽坂 てまめ
新宿区袋町2番地 鈴木ビル1-C
11:00〜18:00 日曜定休

雨の日のギャラリー

image

神楽坂temame での日傘展。今日はしっとり雨の降る静かなギャラリー。こんな日はお茶を飲みに見えたお客様や立体刺繍の作家さんとまったりおしゃべり。ギャラリーの楽しみはこんなところにもありますね。テーブルを一緒に囲めば自然とものづくりの話に花が咲いて、初対面でもすぐに打ち解けます。「皮を染めようと思うんだけど」なんて話から、体験談やアイデア、失敗談まで手を動かす人は好奇心旺盛で皆さん面白い。雑談しながらゆっくり日傘もみていただけるので、小さなこだわりまで面白がって貰えて、とても刺激になりました。足をお運びいただいた皆様ありがとうございました。

6/30(火)〜7/11(土)
伊藤ノブコの「ひがさ展」
神楽坂 てまめ
新宿区袋町2番地 鈴木ビル1-C
11:00〜18:00 日曜定休

日傘展始まりました。

image
昨日より神楽坂temame にて、日傘展がはじまりました。初日は、楽しみにお待ちいただいていたというお客様方と、あれやこれや差して比べて、おしゃべりして、選んで頂いて楽しくて賑やかな1日となりました。足をお運びいただいたみなさまありがとうございまず。今日からまた梅雨らしさ復活だそうですが、日傘展引き続き開催中です。

雨の神楽坂もなかなか素敵です。お昼時、石畳の裏道に入ると浴衣姿の素敵なお姉さまを何人もお見かけしました。この街にはこういう姿似合いますね。どうぞお散歩がてらお立ち寄りください。

2015年6/30(火)〜7/11(土)
伊藤ノブコの「ひがさ展」
神楽坂 てまめ
新宿区袋町2番地 鈴木ビル1-C
11:00〜18:00 日曜定休

伊藤ノブコのひがさ展 ご案内

2015DM_O

30日から始まる神楽坂での展示販売会。手作りの日傘をご用意してお待ちしています。入り口がちょっとわかりにくいですが、ビルの奥、大きな白い椅子が目印です。美味しいお菓子やコーヒーもいただけるカフェギャラリーなので、どうぞお気軽にお立ち寄りくださいね。

14:00〜18:00 にはオーダーのご相談も受け付けています。

仕事場風景

image

6/30日からの神楽坂での展示に向けて準備に追われています。
今日の写真は自宅の仕事部屋です。手前は傘専用のミシン。奥は裁断台です。裁断は生地の目をみながらなので、光の入る明るい位置に置いてあります。ライトスタンドはミシン用にも、くるっと回して夕方裁断するときのお助けライトにも。欲を言えば裁断台はこの3倍の長さが欲しいところ。せめて2倍。反物の裁断が断然効率良くなります。でも狭いから動かずになんでも手に届くといういい点もあるんですけどね。居酒屋の女将みたいに狭い通路になんでも揃っています。(笑)

さて、神楽坂での作品展は、毎年テーマを決めて勉強してきた1年間の仕事をみてもらう機会でもあります。
2013年は日傘の形を綺麗に作ることが目標だったので、作品ではせめて生地で変化をとアフリカンプリントやアメリカンプリントの日傘を持って行きました。
2014年は素材を知るために反物集中で縫っていたので浴衣の日傘を中心に。
そして2015年は、張り方や生地を試しているので通常オーダーメイドではお受けしていないものと、オーダーメイドの参考にもしていただけるプリントものなどを少しづつお持ちします。それと色の綺麗な本染めの日傘。今まだ作ってますが…が、頑張ります。(汗)

期間中、オーダーメイドのご相談もお受けしています。生地もお預かりできますので、どうぞお持ちくださいね。お渡しが後日になるので、ご注文はネットショップをご利用いただけると助かります。14:00〜18:00 在廊の予定です。

6/30(火)〜7/11(土)
伊藤ノブコの「ひがさ展」
神楽坂 てまめ
新宿区袋町2番地 鈴木ビル1-C
11:00〜18:00 日曜定休

シーグラスの日傘

image

海岸に流れ着いたガラスのかけらシーグラス。

集めてこんな風につないだら、海での楽しい思い出をいつも近くに置いてい置けそうですね。海辺に宿をとって、シーグラスを探しに朝の海岸散歩、白い光にそよそよの風が気持ち良さそう。な〜んて想像しながら…あぁ、もう何年、海に行っていないんでしょう。

さてこの日傘、裏までしっかり色の入った本染めなので、光を通すととても綺麗に発色します。透明なシーグラスの雰囲気を楽しんでもらえたらと思います。12本分の生地がありますが、2本しかできていません。(大汗)

今年もひがさ展

image

さて、いよいよ6/30から、恒例の神楽坂での展示が始まります。
もう3回目。まだ3回目。あっという間の3年目です。
今思えば、最初の年につたない日傘を買って応援してくださったお客様のおかげで、2年目につながり、またそこでの出会いが今に繋がっています。
「来年、蛙張り(かわずばり)練習しておきます!」と、お約束した通り何とか形になってきました。まだまだ経験は足りないのですが、今できる精一杯、数は少ないですがご覧いただければと思います。販売もしますので、どうぞよろしくお願いします。

6/30(火)〜7/11(土)
伊藤ノブコの「ひがさ展」
神楽坂 てまめ
新宿区袋町2番地 鈴木ビル1-C
11:00〜18:00 日曜定休

水玉の日傘できました!

image
水玉の日傘が出来上がりました。この水玉、お日様にかざすとこうして光を通して、清涼感のある優しい青にみえます。縁にアクセントの青いラインを入れてみました。このラインが適度にゆるくていい感じです。水玉もよ〜くみると、型を手作りしているのがわかるんですよ。定規を当てて裁断してるからこそかもしれませんが、ひょこっとはみ出してる子がいて、思わずキュンときちゃいます。女子ならこういう気持ちわかってくれますよね〜。

……と、今日は、かなり大人な女子が作ったかわいい日傘、ご紹介しました。
6/30からの神楽坂てまめに持っていきます。

今年の日傘

image

もうすぐ神楽坂手まめでの日傘展、今年はこんな感じの日傘を作ろうと思っています。一昨年のDMの日傘がかわいいと好評だったので、水玉は定番で作ろうかなと思っています。この水玉、染めるとビミョ〜に揺らいでいい感じになるんです。おまけに離れてみると白地の色と混ざって涼やかな色に見えます。

冬の間、オリジナルの傘をどんな風に作って行こうか染めや刺繍を試してきましたが、素材や形より、光を通した色にこだわっていきたいと思ってきました。いろいろ試して、ぐるり巡って昔ながらの本染めが今の私にはぴったりくるようです。

右の柄は構想中のシーグラス。ここからもう少し色や形を調整して染めの職人さんにお任せしています。どんな風にあがってくるのか私もドキドキ。海に流れ着いたガラスのカケラ、涼しい日傘ができますように。

小さなお花の日傘

image

「想像以上に可愛く仕上がっていて感激しました~!」…と嬉しいメールをいただきました。今日の日傘は、平織りの生地からご注文いただいた愛らしいデザイン。小さなお花に、小さな白い鳥が飛んでいます。

生地が届いて、可愛いなぁと思って眺めていたんですが、「もしかして?…んんん?…わぁ、やっぱり!」と。なんとこの模様は手描きされているんです。ステキですね〜。テキスタイルデザイナーの一柳綾乃さんの作品です。私も生地に絵を描いたことがあるんですが、布に絵を描くのは結構難しくて、絵の具の濃さが濃いと筆が滑らないし、薄いと滲むし。軽やかな模様ですが、きっと1mの生地を生み出すまでお時間かかってると思います。だから日傘になってこうして喜んでいただけると、私も感激!

画家でもある、デザイナーの一柳綾乃さんのHP
Ayano Ichiyanagi HP

大好きな柄は日傘に

image素敵な花柄の生地でご注文いただきました。ステキ。
シンプルな服を選ぶことが多くなったので、小物には好きなものを取り入れたいと選ばれたそうです。
なるほど〜。確かに小物に柄を楽しむのはいい方法ですね。触り心地もサラリとしていて上質な大人の日傘という感じです。

お花の向きを、どんな風に裁断するか、いくつかご提案して決めました。こんな風に裁断しますねと、ご覧いただいていましたが、それでも出来上がりは想像を超えていたらしく、とても喜んでくださって、私までつられて嬉しくなってしまいました。

実は生地を購入される前からご相談いただき、日傘作りは始まるんですが、もしかしたらこの生地に一目惚れされていたのかもしれません。(*^^*)そんな生地ですから、毎日使う相棒になったら、それはそれは嬉しいですよね。お手伝いできて本当に良かったです。どうか明日も晴れますように♪

可愛いコットンの日傘

image

今年は春がないままそろそろ5月も終盤、もう夏ですね。オーダーメイドのご注文も暑い日が続くと混み合ってしまうので、少々お待たせしてしまいますが、今お預かり分は5月中目標で頑張ってますので、もう少しお待ちくださいね。

さて今日ご紹介の日傘はコットンからご注文頂きました。コットンもこういう色合いを選ぶと大人っぽくて、可愛らしさもあって素敵ですね。こうしてみるとゆらぐ手書き風の柄が刺繍のようにも見えるんですね。平織りの生地はカタチも綺麗に決まるので日傘におすすめです。お揃いのくるみボタンとアクセサリーにはパラソラの特徴でもあるボンボンをお付けしています。

発送日和

日曜日までの日傘展、ご来店いただいた皆さまありがとうございました。何度も足をお運びいただいたり、遠くからお越しのお客様もいらして、本当に嬉しい限りです。ありがとうございました。まだまだ毎日日傘を作っていますので、どうぞ今後ともご贔屓によろしくお願いします。

次にお目にかかれるのは、6/30からの神楽坂。只今大慌てで準備しています。

そして、オーダーをお待たせ中の皆さま、今日は5本発送です。そろそろかなとお待ちの頃かもしれません、順次発送していますのでどうぞもう少しお待ちくださいね。

こちらはワサビエリシさんのお店で私を呼んでいたバッグ。やっぱり買っちゃいました。(*^^*)
image

最終日です。

imageさてさて今日もいいお天気。

新代田のワサビ・エリシさんでの出店最終日です。お散歩がてら是非お出かけください。私も午後在店しています。

新代田駅改札をでて正面信号を渡って線路沿いに。橋を渡って線路沿い一つ目の角を曲がるとこの景色です。

本日のノルマ

image

今日は朝から必死で縫っています。一番大変なところが終わったので、このあと8本分まとめて小物を作ります。ここまでくれば淡々と進められるのでちょっと余裕も出てきます。
今日はもう真夏の暑さだから、ここからはウクレレでも聴きながら作業しますかね。王子の作業場とは打って変わって自宅の仕事場は緑が一杯、鳥のさえずりも聴こえてきます。一日中引きこもりなのでせめて環境だけでも気持ちよく仕事したいものです。

さて今日中にノルマ、終わらせないと。この量だとたいがい小物作りだけで仕上げまでできません。
お待たせしている皆さまの為にも急ぎます。順番に作ってますのでもうしばらくお待ちくださいね。

蔦屋家電に行ってきました

昨日の日曜日、二子玉川の蔦屋家電へ行ってきました。
代官山の蔦屋もかなり面白いところでしたけど、本と家電の組み合わせは、想像以上に面白いですね。今迄気がつかないでいたことが不思議なぐらい、生活は本から影響受けているようです。久しぶりに部屋の事を考えたり、買い物したい気分になりました。デザイン書なども豊富で、今度はもっとゆっくり行きたいです。買いたい本があったのだけど、重いから後でAmazonでと思ったらバックナンバーだったようで、すでに品切れ。買ってくれば良かったとちょっと後悔しているところです。

二つ目の写真はpepperくんがいろいろお話ししていて子供達にも大人気。といいつつ、後ろの壁に実は私の作ったiPhoneケースがディスプレイされています。蔦屋で見かけた際は、こんなものも作るのねと、見ていただけたらと思います。写真上から4段目左側の2点です。

image

休憩中

image

今日はまた、夏かと勘違いするほどの日差しですね。部屋の中には気持ちのいい風が流れ込むので、こんな日は作業もはかどります。でも時々日傘作りの手を休めて空をボ〜っと眺めて疲れ目防止。

コーヒーや紅茶をよく飲む人は病気になりにくいとニュースで言ってます。麦茶をいれたけど、コーヒーでもう一服は休憩し過ぎですね。(^^;;

カフェで一服

image

ちょっとワサビエリシさんのお店を抜け出して、駅前のカフェで一服中。カモミールティとレモンヨーグルトケーキ。

散歩日和

image

ゴールデンウィーク、今日は涼しくなったので人ごみを避けて、のんびり散歩も気持ち良さそうです。この時期は人がいないのでオフイス街でもカメラを持って出かけると、いつも撮れないような写真が撮れて楽しいんですよ。地元の公園やお庭の綺麗な住宅街も散歩にはもってこい。ポットにコーヒー入れて、外で休憩するのも楽しそう。私は今日は、新代田のワサビエリシさん。閑静な住宅街にあるので、時間を見つけて散歩したいなと思っています。

4/28(火)〜5/17(日)
「パラソラ展」
針仕事の専門店 ワサビ・エリシ
世田谷区羽根木1-21-7 亀甲新ろ59

日傘のサイズ

image

先日お客様と傘のサイズについてお話ししました。巷では小さな日傘が主流のようで、「私の傘はもっと小さいわ。」とお客様。もちろん小さいサイズもありますが、もしかしたらサイズは変わらないかもしれません。なぜなら傘屋さんは傘を骨のサイズで呼ぶんです。47cmが主流です。広げた大きさはいろいろでも骨自体は同じだったりします。パラソラでも通常46〜47センチの骨に生地を張っています。よく見かける小さい日傘は全体にコンパクトで晴雨兼用の傘ですよね。持ち手の長さと、傘の先端部分が短くてカバンにもちょっとしまえて便利です。私も時々使っていますが傘部分のサイズは同じなんです。

それではなぜパラソラは大きな傘、いえいえ、大きくないですよ、ちょっと長い日傘を作っているのかと言うと、もうそれはただただ単純に「✳︎✳︎✳︎素敵だから」。

こんな日傘を探してた。という人にぜひ見つけてもらいたいんです。安定感のある木棒は使ってみると手首がとても楽で、風に対する安心感は全然違います。何より差した姿が美しい。棒の部分が長いので私はとても綺麗だと思うんですね。背の高い方ならなおのこと差しやすいとおもいます。
まずは実用的な日傘を1本。その次は楽しんでパラソラの日傘を選んでくれたら嬉しいなと思います。

暑いけど気持ちのいい気候


image
世田谷のワサビ・エリシさん。静かな緑の中にあるお店です。ゆったりとした音楽と虫除けの香りが、どこかリゾートへ来ているような気分です。「あぁ、今日はここへお買い物に来たなら最高だなぁ。」と外を眺めながらつぶやいてしまう気持ち、わかりますか? (笑)
京王井の頭線、新代田駅からゆっくり歩いても約5分とは思えません。トルコの手仕事や雑貨など、プレゼントやお土産さがしのお客様や、「ここは何屋さんなの?」と入って見える方まで皆さん本当に楽しそうなんです。

日傘展始まりました

image

世田谷のワサビ・エリシさんでの日傘展がまったりと始まりました。今日は2時頃から在店の予定です。来週は5日、午後在店予定です。ゆかたの傘をはじめ、一本づつ刺繍をした日傘や2枚を向かい合わせに張った蛙張りなど、新たな挑戦もしています。ぜひご来店くださいませ。

2015年 4/28(火)〜5/17(日)
「パラソラ展」
針仕事の専門店 ワサビ・エリシ
世田谷区羽根木1-21-7 亀甲新ろ59

仕事場@糸立て作り

image
途中経過をご報告。………なんてなんてそんなことではありません。昨日の夜からインパクトドライバーを充電して、今日はサクッと穴あけをするつもりが。

………なんということでしょう〜。

まだ早い、このセリフ。何もやってないのに。(汗)
20年物のドライバー、流石にもうバッテリー切れで充電できてません。悲しすぎます。思えばここ数年、家のメンテナンスも怠っていたものね。透明のメガネまで買って、やる気満々だったのに振り出しに戻って、またホームセンターへ行きました、夫が。そんなわけで今日は来週の予定を先に進めて日曜大工は月曜大工に先送り。

仕事場@ビフォー

image

念願のミシンを購入して埼玉の仕事場もやっと作業環境が整って来ました。おかげで通勤の時間を制作に回せるようになって、サクサク日傘作りが進みます。小物用のミシンの他に傘用のミシン2台、それに伴うあれこれや傘の材料で一杯の狭いスペースですが、百均のフックやケースを駆使して使い易い仕事場になっています。ただ悩みはこの糸たち。皆さん糸の管理どうしてますか? 傘の場合は骨にとめる糸とミシン糸が別なのと、オーダーメイド用に使わない色もある程度揃えているので、結構な数になります。実はここに置けなくなった糸は足元にも置いてあるんです。上に置いておくと色が見えないので、つまづきそうになりながらも箱に入れて足元へ。シーズン前になんとかしておかないと大変なことになりますよね。(大汗)

そこで、今のうちに日曜大工で糸立て作りをしようと思います。なるべくビッシリ置けるようにと考えた図面でうまくできるかどうか。うまく収まったらアフター写真お披露目しますね。

桜満開

image東京はさくら、満開になりましたね。パラソラのある王子では飛鳥山公園が桜の名所。連日お花見で賑わっています。

春が待ち遠しくて、作っていた春色の日傘が満開の桜のイメージに出来ました。お菓子みたいな可愛らしさです。

 

パラソラ今後の予定です

image

雑誌、nid38号のinformationコーナーでご紹介いただきました。nidからお越しの皆様いらっしゃいませ!日傘工房パラソラの伊藤です。どうぞよろしくお願いします。

さて今後の予定です。

4/28(火)〜5/17(日)
「パラソラ展」
針仕事の専門店 ワサビ・エリシ
世田谷区羽根木1-21-7 亀甲新ろ59
火曜定休

6/30(火)〜7/11(土)
伊藤ノブコの「ひがさ展」
神楽坂 てまめ
新宿区袋町2番地 鈴木ビル1-C
11:00〜18:00 日曜定休

いづれも3週間、2週間とゆっくり時間を取りました。
今年は蛙張り(かわずばり)にも挑戦して、お届けできたらと思っています。手作りならではの手間のかかる手仕事を、ご紹介できればと思います。

さてさて今号の nidの特集は「定番着のおしゃれ」
私は日頃あぐらをかいて仕事をしているので座り易い着心地の良い服が必須。そんな私にぴったりのナチュラル服がたくさん載っていました。本屋さんで見かけたらぜひ手にして見てくださいね。

image

実演します。

一段と暖かくなりましたね。
今日は午後から6時頃まで、新宿伊勢丹4Fで、日傘制作の実演をします。お買い物のついでがありましたら是非お立ち寄りくださいね。おしゃべりだけでもぜひどうぞ。エスカレーター間の桜の木が目印です。
※※※桜の下のてならい堂※※※