生地選びのポイント

image

着なくなったお着物に、もう一度スポットを当ててもらいましょう。と思っての今の時期のオーダー会。今週土曜日です。ぜひタンスの整理もかねて、考えてみてくださいね。
それでは、どんな着物が日傘に向いているのでしょうか。今日は日傘の生地についてご紹介します。

▶︎おすすめなのは昔ながらの浴衣
平織りの生地がパリッときれいな日傘に変身します。木綿やサマーウールなどもいいですね。

あまり難しく考えなくても、だいたいの着物は傘に張ることができます。ただ、きれいにできあがらないものもあるので次のような素材は避けてください。

▶︎縮みや絞りなどのびやすい生地
傘は三角のコマをつないでできています。斜めの部分がのびてしまうと、ゆるゆるのだらしのない形に仕上がり本来の魅力がなくなります。

▶︎厚みのある生地
閉じて巻いたときを想像してください。重くなり実用的ではありません。太くごついものは骨にも負担がかかります。刺繍のある生地も傘縫いのミシンに通りません。

▶︎目の粗い生地
こちらも斜めに引っ張るとのびるので、ゆるゆるになってしまいます。

▶︎古くもろくなっている生地
思っている以上にパンと張るので避けてしまうことがあります。虫食いなども穴が引っ張られて目立つようになることがあります。

思いつくことを書いてみましたが、作ってみないとわからないこともあって、思いがけないものができないこともあります。安心なのは浴衣、手ぬぐい、綿ブロード。
一見上質な着物の方が素敵になりそうですが、日傘に限っては浴衣、おすすめです。ただ最近のミシン縫いのお着物は幅が足りないこともありますので詳しくはご相談くださいね。

針仕事の専門店
ワサビ・エリシ 世田谷区羽根木1-21-27 亀甲新ろ59
12/20(土) 14:00〜16:00

*ほどき料が別途かかりますので、できる方はほどいてお持ちください。襟やおはしょりの細いところはほどかなくて大丈夫です。

着物で作るパラソル 受注会

image

さて、今月は着物から作る傘のオーダー会を予定しています。直接お目にかかってご相談いただける機会です。作ってみたいけど、どんな生地を選んでいいのかわからない、この着物でも作れるの?と思っている方、どうぞこの機会にお立ち寄り下さいね。

針仕事の専門店
ワサビ・エリシ 世田谷区羽根木1-21-27 亀甲新ろ59
12/20(土) 14:00〜16:00

ワサビ・エリシさんは、針仕事の専門店です。以前、ブログでもご紹介しましたが、トルコの手仕事の “オヤ” という可愛い飾りも購入できるので、アクセントにつけても可愛いですよ。着物は持ってないわという方には、生地のご用意もしていただいています。また新宿や下北沢も近いので生地屋さん巡りをしてからお寄りいただくのもいいかもしれませんね。1mあればご注文承りますので、ぜひお気に入りをお持ち下さい。ボタンもお好きな物を!

傘に向く生地についてはまた次回ご案内しますね。

寒くても日傘作ってます。

 

image

来年の夏に向けて、準備を始めています。

例年の神楽坂のギャラリーに加えて、世田谷でもお披露目を予定しています。冬の頑張り次第でショップにももっと並べてみたいんですけど、なかなか追いつきません。
今までは作るのが精一杯で誠実に丁寧にお応えして行くのがやっとでした。正直なところ、1年目は材料の調達さえもままならず、1本の傘を作るのに3日も4日もかかるので、技術を引き継いでも続けて行くのは難しいのではないかと、思っていたんです。

それが2年目の今年はお取り引きも増えて、少し周りが見えるようになって来たのでしょうか、たくさんの方に応援していただいてることも実感できるようになってきました。できるだけ声をかけてくださるチャンスにはお応えして行こうと思ってやって来ましたが、ひたすら飛んできたボールをレシーブするような一杯一杯の毎日。お応え出来ずに申し訳なかったこともありました。メーカーさんの傘のデザインに関われたり、artの展示の機会も貰って、今は1年前とはずいぶん違ったものが見えています。もちろん傘を使ってくれて感想を聞けたのは2年目ならではの何よりの喜びです。展示会に足を運んでくださったり、写真を送ってくれたり、ホント嬉しい。みなさん応援してくれてありがとうございます。

これからは、パラソラならではのものも作っていきたいですね。少ししか作らないからこそ冒険できることもあるし、イメージしてるものを形に出来たら面白いかな。

クリスマスプレゼントにも。

image

あっという間に12月になってしまいましたね。年々一年過ぎるのが早くなる気がします。クリスマスまであと2週間と少し。まだ今週中のご注文はクリスマスに間に合いますので、ぜひ素敵なプレゼントをしてくださいね。帰省のお土産にもどうぞ。きっと会話が弾んでくれることと思います。

落ち葉拾い

image
ここのところ、週末は公園に出かけて、秋の色を楽しんでいます。大分葉も落ちて、足音もカサカサ乾いてきました。紅葉が終わると次はクリスマス。松ぼっくりは時季がづれているのか、なかなか綺麗なのが見つかりませんでした。木にはまだ付いてるし足元にも落ちてはいるのに。小さいのをプレゼント用のラッピングに付けてもかわいいですよね。

塩梅の仕事

image

今日の写真は傘の内側のパーツ。傘のてっぺんと骨の曲がるところに入れます。
ピンクの生地は、職人の使う型抜きで抜いたもの。ほかは手作業で切り出しています。
私は木槌がうまく使えなくて、大切な型を痛めてしまいそうなのでこうして手で切りはじめました。
昔ながらの職人仕事を効率化するどころか逆行させてますか?(笑)
いやいや、時間がかかりそうですが、塩梅が身についてくると道具を出すより早いんです。
大量生産ではないからできることですけどね。

紹介していただきました

モノづくり大好き人間として、見逃せないのが最近各地で催されている体験ワークショップ。日傘のオフシーズンは、傘作りの幅を広げたいと、いろいろ参加しています。昨年は運針を習って、縫うのが断然早くなりました。今年は生地作りに興味津々です。

そんな中、モノづくりを通してステキな体験や試みを次々実現されている『にっぽんてならい堂』さんと知り合いました。日傘作りにも興味を持ってくださって、今回、コラムを通じて大勢の人に伝えてくれました。さてこれからどんな風に使う人と繋がっていけるのか、もっと作ることや使うことを楽しめるようにできないかと考えをめぐらせています。

image写真は二葉苑さんで行われた型染め体験のバッグです。本格的な型と刷毛をお借りしての体験です。右端が私作。好きな向きで好きな場所に染められます。

 

可愛い針仕事のお店

昨日は、世田谷にオープンしたての素敵なお店、ワサビ・エリシさんへいってきました。トルコの伝統的な針仕事を紹介するお店です。こんな可愛い刺繍、どんなおしとやかで静かな人が使うんだろうと思っていたら、笑顔で「案外、静かな人とは限らないのよ」ですって。(笑)確かに、女性はこういう針仕事をしながらおしゃべりするの大好きですものね、使う時だってそれはそれは元気ですよ。

image
image

閑静な住宅街にあります。お向かいには人気のパン屋さん。隠れた人気スポットになりそうな予感です。井の頭線新代田駅からすぐ。詳細は店名クリックでリンクしてます。

小さなシンガーミシン

image
長い間眠っていたミシンを修理してもらいました。父の使っていた初代ミシンです。ここまで古いとパーツはもちろん、修理できる方も少なくて、直らないことも多いとか。素人考えでは3Dプリンターでパーツも作れる時代、直すなら今でしょ。と思ったのだけど、まだ少し早かったみたいですね。それでも勉強になるからと気長に直していただきました。感謝感謝。

そしてついに動きました!縫い目も綺麗。

自宅用にと思っていたので、マンションでも踏める足踏みの脚を探していましたが、静かなモーターもあると聞いて、今度は自宅近所のミシン屋さんに取り付けてもらいました。台も綺麗に塗装してくれて良い感じです。まだまだ癖を掴むのが難しいですが、ミシンのカタカタとした良い音がします。糸を切る音もプツッと爽快。これで試作品は家でも縫えるようになりました。職人さんたちの手が繋がって、ミシンが復活して、そのミシンを使って作る日傘。時間はかかるけど、こういう支えがあるからこそ良い物を作って、使う人にお届けしたいとおもいます。

お揃いの日傘

image

一本の反物からご注文いただきました。ご親戚へのプレゼントを手元を変えて3本の日傘に。生地が同じでも表情が変わるのが面白いですね。一本づつ使う人のストーリーを想像していると、もしかしたら年齢も性格も生活スタイルも全然違うのかもしれないし、ご親戚だからどこか少しづつ似てらっしゃるかもしれないし。上質な生地なので使い込むほどに味が出ると思います。生地の馴染み具合も個性が出そうで、育てる楽しみがありそうな日傘になりました。