可愛い針仕事のお店

昨日は、世田谷にオープンしたての素敵なお店、ワサビ・エリシさんへいってきました。トルコの伝統的な針仕事を紹介するお店です。こんな可愛い刺繍、どんなおしとやかで静かな人が使うんだろうと思っていたら、笑顔で「案外、静かな人とは限らないのよ」ですって。(笑)確かに、女性はこういう針仕事をしながらおしゃべりするの大好きですものね、使う時だってそれはそれは元気ですよ。

image
image

閑静な住宅街にあります。お向かいには人気のパン屋さん。隠れた人気スポットになりそうな予感です。井の頭線新代田駅からすぐ。詳細は店名クリックでリンクしてます。

小さなシンガーミシン

image
長い間眠っていたミシンを修理してもらいました。父の使っていた初代ミシンです。ここまで古いとパーツはもちろん、修理できる方も少なくて、直らないことも多いとか。素人考えでは3Dプリンターでパーツも作れる時代、直すなら今でしょ。と思ったのだけど、まだ少し早かったみたいですね。それでも勉強になるからと気長に直していただきました。感謝感謝。

そしてついに動きました!縫い目も綺麗。

自宅用にと思っていたので、マンションでも踏める足踏みの脚を探していましたが、静かなモーターもあると聞いて、今度は自宅近所のミシン屋さんに取り付けてもらいました。台も綺麗に塗装してくれて良い感じです。まだまだ癖を掴むのが難しいですが、ミシンのカタカタとした良い音がします。糸を切る音もプツッと爽快。これで試作品は家でも縫えるようになりました。職人さんたちの手が繋がって、ミシンが復活して、そのミシンを使って作る日傘。時間はかかるけど、こういう支えがあるからこそ良い物を作って、使う人にお届けしたいとおもいます。

お揃いの日傘

image

一本の反物からご注文いただきました。ご親戚へのプレゼントを手元を変えて3本の日傘に。生地が同じでも表情が変わるのが面白いですね。一本づつ使う人のストーリーを想像していると、もしかしたら年齢も性格も生活スタイルも全然違うのかもしれないし、ご親戚だからどこか少しづつ似てらっしゃるかもしれないし。上質な生地なので使い込むほどに味が出ると思います。生地の馴染み具合も個性が出そうで、育てる楽しみがありそうな日傘になりました。

 

日傘の裏側のおしゃれ

image

今シーズンに間に合わなかった蛙張りを研究中です。カエルじゃなくて、かわずと読みます。かわず張りというのは骨が見えないように張る張り方で上品に仕上がりますが、最近は作れる職人さんも数える程しかいらっしゃらないとか。どうせ作るならこうした手間のかかる手仕事こそ残しておきたいですよね。なんとかマスターしたいものです。ついでに淵にレースもつけてみました。

なんと愛らしい日傘でしょう

台風一過、いよいよ気温も下がりはじめて寒くなって来ましたね。今年は10月でも日傘を差している方随分見かけましたが、服の方はそろそろ秋物と入れ替え時ですね。

image

さて今日の日傘は、浴衣の反物からオーダーいただきました。絞りのような柄が入っていてとても華やかです。差し色のピンクやブルーも可愛らしくて、シンプルな手元との相性もいいですね。みなさん本当に上手に組み合わせされるので、作るのもとっても楽しいです。

ホテイヤさん

昨日、飯能のわたなべ画廊で開催中のオーライタローさんの個展へ行ってきました。作品をみていると絵の中にタイムスリップしたような気持ちになるので、人のいない昭和の建物の中を冒険してきたような不思議な時間を味わってきました。(青い文字の部分をクリックすると展示作品にリンクします)

その中の一つ、傘屋さんが画廊の近くにあるということで、帰りぎわオーナーさんが近くまで案内してくださいました。せっかくなのでこのまま通り過ぎては勿体無いと、思いきって訪ねてみました。

残念ながら店内にはほとんど傘はなく、提灯がいくつも置いてあります。傘屋さんは季節商売なのでシーズンオフには傘以外の商品と合わせて営業しているところが多いのですが、それでも提灯とはまた変わっています。聞けば仕入先が減り、取引先だった大きな問屋も無くなってしまったので、今では修理は少しするもののほとんど傘はやめて、お祭りの提灯を描いているそうです。可愛い店構えなので傘がなくてとても残念です。傘がびっしり並んでいた頃を想像すると店内だけでなく人通りもあって、町にも活気があって賑やかだったことでしょうね。うーん、小さいお店屋さん、もっとこれから復活してくれないかなぁ。

image

手ぬぐいで日傘

2種類の手ぬぐいでご注文いただきました。手ぬぐいで見た時は、斬新な組み合わせに思えたんですが、仕上がってみると、落ち着いてとてもいい感じです。丁度作っていた日に着ていた服が、この日傘にとっても似合う気がして、私も欲しくなってしまいました。

image

着物美人を想像してます。

image

着物屋さんからご注文いただきました。近江ちぢみです。普段お着物はデッドストックやリフォームで作っているので、高級品はドキドキです。ましてや生地がいまだかつてないほどギリギリしかありません。傘にして伸びてしまわないか、裁断間違っていないかと心配しましたが、無事に気持ち良く仕上がりました。流石に触り心地が素晴らしいです。サラッ、パリッでとても涼しそう。どんな着物美人がさしてくれるんでしょうね。

写真を取り忘れて、送っていただきました。ありがとうございました。

ゆりかもめに乗りました!

image今日もい〜いお天気です。東京ギフトショーへ行ってきました。日傘専門店のパラソラですが、今後関連商品も置けたらいいなと考えています。まだもう少し先になりそうですが、パラソラらしいものをと思います。高級素材か、雨傘か、小物か、手作り品か、なかなか考えがまとまりません。

涼しくなりましたね

image
関東地方、今日は清々しいお天気になりました。
日傘作りもそろそろ一段落で、今日はお洗濯休みです。(笑)
こんな自由がきくのは自営業のいいところ。ベランダに洗濯物を広げて蝉の声を聴きながら大掃除しています。涼しくはなったものの、まだ日差しは強いので買い物には日傘が手放せません。子供の頃の夏休みはこのぐらいのお天気だった気がします。

日傘は何のため?

「何のために日傘を差すんですか?」こんな質問をネットで目にしました。傘店には日傘を差す人ばかりが集まるので、私には目からウロコの質問でした。日焼けをしないためとか、お嬢様や美人が差すものと思われてる説もあるようで、日傘に対する思いもいろいろあって日傘考、なかなか奥が深そうです。

さて質問の答えを考えてみました。
最近UV加工の日傘が増えてきましたが、紫外線を避けるためなら、曇りの日も断然差した方がいいです。しかしほとんど曇りの日は日傘を見かけませんね。案外みなさん紫外線よりも直射日光を避けたいのかもしれません。眩しくて手をかざして太陽を避けるより日傘は簡単で効果的です。同時に暑さも楽に凌ますから、子供のように熱くなった頭に水をかけるなんてこともしないですみますしね。(笑)
いづれにしても、まだまだ暑い日が続きます。熱中症対策にも一役買ってくれるのではないかと思います。image

みずみずしい日傘

image
水をたっぷり含んだ筆で丁寧に描いたような小さなお花。水を連想させる柄は見た目を涼しく感じさせてくれますね。
お着物からオーダーいただきました。フワッと広がるお花たちが、雨上がりの空に、清々しい風を感じさせてくれます。残暑まだまだ厳しいですが、こんな日傘なら朝夕の散歩もきっと楽しみになりますね。

ふっくらボンボン

image
可愛い生地でオーダーいただきました。爽やかで涼しげな日傘です。この生地は触り心地も良くてピタッと決まるので作るのもとても楽しいんです。服にも合わせやすそうなので、まだまだ今シーズン活躍してくれそうですね。

夕方の出来上がりで、外で撮影出来なかったのが残念ですが、代わりに細かい部分ご紹介します。パラソラではタッセルの代わりにボンボンをつけています。このタッセル、日傘の生地とお揃いで作るので生地の残り方によって大きさはマチマチです。今日のボンボンはふっくらしていい感じ。先端にはシルエットが美しく見えるようにラップを巻いています。

鳥模様の日傘

image
今日ご紹介の日傘は、アフリカンプリントの生地から作りました。薄いグレーの地に鳥が飛んでいるユニークなデザイン。普段の通勤には晴雨兼用傘が便利という方にも、夏休みにはこんなゆるい感じもいいですよ。

日傘プラスのおしゃれ

image
浴衣からご注文いただきました。大人可愛い日傘です。
実は最初、傘にできるか心配しながらお預かりした浴衣でした。もちろん、その辺りはしっかりご相談させていただいてからのスタートです。

さて、何が心配かといいますと、最近の浴衣は洋服のようなお仕立てになっていて、身幅が絞ってあるので、幅が足りない恐れがありました。ほどくまでドキドキで、裁断前も何度も見積もってからはさみを入れました。でも心配するには及ばずで、想像以上にかわいい日傘に仕上がりました。思い切って作ってみてよかったですね。残りの生地でお揃いの袋物を作られたそうです。お気に入りの生地は大切に使い切れたら気持ちいいですものね。お揃いでお出かけするキラキラした様子が目に浮かびます。

日傘の名前

image
この日傘は紳士用の反物から出来ています。通称マンホール君!
マンホールというよりは、鉄板によくありますね、こんな凹凸。傘の仕分け用に名前をつけていますが、どうもネーミングのセンスがなくて、どれも『浴衣の日傘ムニャムニャムニャ』。でも時々こんなピッタリ仕分けできる名前もつけられるんです。日傘の名前としてはマンホール君や鉄板じゃ暑そうですけどね。

なので見方を変えてみましょう。『北欧のカゴ』なんていかがですか?
なんでも北欧をつければいいというものでもありませんが、少しは涼しそうになりました。昔ながらの染め物は、今人気の北欧モノにも通じている気がしています。普段使いにピッタリの飽きのこない色とデザインで、シンプルでありながらとても美しいと感じさせてくれるところ、共通していますよね。

アクセント

image

今年は白と紺の浴衣ばかりで作っているかもしれません。シャキッとした感じが見た目の涼しさを呼ぶので好きなんです。でもたまにはこんな風に、遊んでみるのもいいのかな。ほんの少し、赤い色を足しました。

こだわりの日傘体験

image
まさに夏休み真っ只中の横浜赤レンガ倉庫。都会と違って風が気持ちいいところは流石に海辺ですね。

昨日もワークショップへ行って来ました。
職人体験では指ぬきを使うのが難しいようで、みなさん指輪状態になっていましたが、器用に仕上げていただきました。あまりに様になっているので見学者の方は職人さんだと思ったみたいですよ。体験中と聞いて驚いていました。

大人向けに考えていたミニミニ日傘も、難しいところも小学生、作れますね〜。個性豊かに出来上がりました。
「こだわりポイントは?」と聞くとしっかり
「薄色の傘にしたから持つところは濃い色にしました。」とセンスの良いお答えが。
なるほどぉ。ぜひ、これからの日傘制作の参考にさせていただきたいと思います!

ご参加いただいたみなさまありがとうございました。一緒に作れてとっても楽しかったです!
image

プチ職人体験

image赤レンガ倉庫で開催中のワークショップでは、プチ職人体験もしていただきました。「根気がいる作業ね」とおっしゃりながらも、みごとに完成しました。夏の間、沢山使ってくださいね。お疲れ様でした。

横浜赤レンガ倉庫でワークショップ

今日も暑くなりましたね。
今日明日と、横浜赤レンガ倉庫でワークショップ開催中です。
小さな傘でも生地を選んで飾りを選んで、楽しんで参加していただいています。

写真は九州から遊びにいらしてるという参加者さんの作品。レースが効いてかわいいのができました。

image

IMG_0298

横浜赤レンガ倉庫 夏の臨海学校2014

梅雨、明けました。

関東甲信越地方もついに梅雨明けしましたね。いよいよ日傘の季節到来です。ミニチュア作りもこの辺で、本物作りを再開します。オーダーメイドも、まだまだ今年差せますのでご検討くださいね。image

小さい小さい日傘2

image
小さな日傘にレースをつけて、バージョンアップ。CDジャケットは「シェルブールの雨傘」で有名なミシェルルグラン。パリの傘屋さんみたいに、小さな傘を沢山作って並べても楽しいかもしれませんね。

小さい小さい日傘も!

image関東地方は雨の土曜日になりました。いかがお過ごしですか。暑さも一休みで身体もお休みモードに入っているんでしょうか。私はおととい辺りからクーラーに負けて節々がジリジリしてます。

さて、小さーい傘を作っています。これは7/25(金)〜26(日)に横浜赤レンガ倉庫で開催されるイベント、「夏の臨海学校」のワークショップのひとつです。子供達と一緒に大人も楽しめるワークショップをということで、プチ職人体験と小さな小さな日傘作りで参加します。この夏作った傘の残り部分を利用して、皆さんにも日傘作り楽しんでもらえたらと思います。手元はやっぱりカギ型がいいですかねぇ。小さくてもタッセルあった方が可愛いですよね。もう少し試行錯誤してみます。

 

浴衣の日傘

image
雨が上がると、途端に暑くなりますね。

晴れの日を待って浴衣の日傘を撮影しようと待ち構えていましたが、なかなか上手に晴れてくれないので、曇りの撮影です。こうして更新してる時に晴れてるのがなんと恨めしいこと。

今年はデッドストックの反物から、いくつか日傘を作りました。長い間タンスの中で眠っていると、やけてしまって、なかなか使い道が難しいですが、日傘にはうってつけ。この写真の日傘も外側のやけたところも使っています。淵は落としてしまうので、言われないと気がつきませんよね。

アフリカンプリントの日傘


image今年のアフリカンプリントは折りたたみで作りました。昨年オーダーメイドで作ったときに、袋に入った姿があまりに可愛かったので今年は全部折りたたみ。単純です。(笑)桜やエゴなど味わい深い手元は手元職人さんの作。なので、なかなか他にはない素敵な日傘になったのではないかと思います。ネットショップでも販売を始めたので興味のある方はぜひ覗いてみてくださいね。

ひ・が・さ展 終了しました

image
神楽坂temameでの『ひ・が・さ展』、無事終了しました。
あいにくのお天気の中、足をお運びいただいたみなさま、ありがとうございました。ネットや案内状を通じてご紹介くださったみなさまにも感謝です。おかげさまでたくさんの出会いにも恵まれました。ありがとうございました。
さて今年もいよいよ後半戦。まずはオーダーメイドのお預かり品をしっかり仕上げて、お届けしたいと思います。

ひ・が・さ展

神楽坂temameで展示中の『ひ・が・さ展』、毎日沢山の方にお越しいただきありがとうございます。日傘の楽しさに目覚めてしまったと、楽しそうにお話しするのを聞くと嬉しいものです。色々な傘に対する思いも聞けて、今後に反映できそうなことも、毎日発見の連続です。

image

てるてる坊主効果

てるてる坊主効果でしょうか。ひがさ展の初日、いいお天気になりました。このてるてる坊主の中には temame らしく、豆が入ってるそうですよ。image

神楽坂の情報誌「かぐらむら」

image
神楽坂の情報誌「かぐらむら」6月7月号に、ギャラリーショップ+カフェ神楽坂temame の情報として、ひ・が・さ展 も掲載されています。ぜひ神楽坂散歩に「かぐらむら」手にしてみてくださいね。ネットでもご覧いただけます。「かぐらむら」を見る
情報によると、今週は手ぬぐいエキシビションやら着物のフリマやら、ひがさ展と合わせて楽しめそうなイベントがありますよ。フリマで反物を選んで日傘オーダーなんていかがですか。手ぶらで帰れるし(笑)。ちなみに手ぬぐいなら4枚で日傘が1本作れます。

浴衣の日傘

今年は浴衣の日傘をたくさん作っています。触り心地が気持ちいいのと、傘になった姿がとても綺麗です。色も美しいので、ぜひ実物をみてもらいたいなと思っています。日傘展ではオーダーメイドの参考にしていただけるように、同じ生地で手元を変えたものも展示します。オーダーのご相談やご注文も承りますので、お気に入りの生地がありましたら是非お持ちくださいね。生地が用意できないわという方には生地も少しご用意して行こうと思います。作る楽しみを是非体験してください。
image

2本目の日傘に

image
今日の日傘は綿ローンの生地で。綿ローンは薄いので紫外線を気にされる方や真夏の暑い日には向かないと思いますが、細巻きなシルエットで手触りもさらっとしていて気持ちがいいです。2本目のお洒落用にはいいかもしれませんね。同じ柄でもう1本、2枚張りも試しているのですがこちらは出来上がるかどうか。

ところでわたくし、日傘作家とご紹介していただくことが多いのですが、実はまだまだ作家というよりは毎日試し張りというスタンスです。試したいことを実験しているうちに色々なものが出来上がっているという。(笑)なので、作品は色々なもの(実験作)が少しづつ。もしお気に召すものがあればご購入いただいて、また次を楽しみにしてもらえるような、作ることを身近に感じてもらえるモノづくりができたらと思っています。

かわいいっ!

image
今日作っているのはこんな日傘。よく見てください。よ〜くみると、羊なんです。草原に群れているみたいですよね。傘に仕立てたら面白いリズムが生まれて張ったとたん思わず「か〜わい〜い」って口から出てきてしまいました。色違いでグレーの生地もあります。グリーンももしかしたらあったのかしら?もっともっとよくみると、半分の羊たち逆さまです。でもかわいいから許してくださいませ。という具合に生地を買うときには向きにも気をつけてくださいね。かわいいときは気になりませんけどね。

黙々と作ってます。

IMG_7548
神楽坂temame用の日傘が少しづつ揃って来ました。昨年は2週間だったこともあり、最終日にはガランとしてしまったので、今年はそんなことのないようにと準備していますが、なにせまだまだ作るのに時間がかかるので、あと何本作れるのかなというところです。ネットショップの方はなかなか更新できずにごめんなさい。遠くにお住まいのみなさんにはギャラリーでの展示終了後にネットショップにお披露目する予定です。

 

型抜きできました

やっぱり夏は浴衣だなぁ。と日傘を作ってみて、改めて魅力に気づきました。暑い日は特に肌触りも良く、見た目にも涼やかですよね。さて、このパッチワークのような小さな生地は、浴衣から型抜きしました。可愛いからって、コレクションじゃないですよ。(笑)こう見えて日傘の内側で働く縁の下の力持ちたちです。
image

今日の日傘

関東地方、今日みたいな雨は肌寒くても風が暖かくて気持ちいいですね。不意に懐かしい光景を思い出しました。潮干狩りの海や旅先であった春一番のこと。こんな風が吹いている日でした。

試し張り中。
image

今年も神楽坂で日傘展

暑さも一服といったところでしょうか。梅雨らしい雨が続きますね。そろそろオーダ製作にめどがついたので、日傘展に向けての日傘作り再開です。昨年好評だった浴衣地の日傘や、アフリカンプリントの折りたたみなど、色々なものを少しづつ。

1461751_370845696384722_598544500_n
伊藤ノブコの「ひ・が・さ」展
7/1(火)〜7/5(土)
神楽坂 temame
11:00~18:00
http://www.grazie.co.jp/temame/
*毎日午後から在廊予定です。

今日は最終日

image

アミーゴでの展示もいよいよ今日は最終日。演奏会や、演劇の稽古の音が漏れ聞こえる中、作品に囲まれて過ごす時間もあと少しです。こんな素敵な環境で展示ができて、沢山の人に出会えるなんてなんと贅沢な一週間だったんでしょう。みなさんに感謝しながら、今日も行ってきます!

夜のテラス

image
31日夜の展示はライトアップ。昼の展示はまだまだ5日まで続きます。
*3日(火曜日)は在廊できませんが、午後からボランティアスタッフさんが在廊の予定です。どうぞお近くへお越しの際はお立ち寄りください。

伊藤ノブコ展 始まりました

image

入間市創造アトリエアミーゴにて、伊藤ノブコ展が始まりました。
芝生の見えるテラスは赤い傘が占拠しています。

image

変わって洋サロンでは手描きの傘で安らぎの空間を。

初日の今日は日傘をデザインするワークショップも行なって、プチ職人さんが一生懸命思い思いの日傘を作りました。

image

ハイキングにもピッタリのアミーゴ。ぜひお散歩がてらお立ち寄りください。明日31日は夜も展示しています。

アートサロン 〜伊藤ノブコ展〜
5/30(金)〜6/5(木)
入間市文化創造アトリエ・アミーゴ
10:00~17:00(最終日は16:00まで)
http://i-amigo.net/index.htm

傘を使って作品も作ってます!

image

今週はワークショップと、もうひとつ。アトリエアミーゴでの作品展も始まります。ここでの展示はいつもの傘からちょっと視点を変えて傘を素材にアート作品としての展示です。屋外にも展示するので毎日良いお天気になってくれると良いのだけど。明日はドキドキ搬入です。

初夏のおでかけ展 最終日

image

大勢の方にお越しいただいている『初夏のおでかけ展』。足をお運びいただいている皆様ありがとうございます。名残惜しいですが今日はいよいよ最終日。17時までです。
余談ですがギャラリー1Fのレストランも美味しいんですよ。

*写真正面の花柄日傘はイケヤのファブリックを使用したオーダーメイドのサンプル作品です。

来週は日傘のワークショップ

imageワークショップの準備をしています。撥水加工を施した生成りの無地のカバーは準備完了。この続きをデザインしてもらうので、今からどんな日傘が出来上がるのかとても楽しみにしています。テープやレースの縁取りにモチーフパーツなど、針箱以外は手ぶらでも参加してもらえるようにとあれこれ考えています。

お申し込みは文化創造アトリエアミーゴまで 04-2931-3500

モノとの出会い

image

 

先週からギャラリー五峯に日傘をおいてもらっています。在廊していると、それぞれの作家さんやギャラリーのファンの方が次々みえるので、それだけでとても刺激的。そして共通しているのが皆さん話題が豊富でお買い物上手ということ。一つ一つの品物の物語や、作った人のこだわりを聞いてお買い物されているので、持ち物どれもが輝いて見えます。わぁステキ!と思っても、どこにでもあるものじゃないので、すぐに真似できません。それを知っているからこそギャラリーをめぐるのが楽しいんでしょうね。こんな風にモノと付き合える人になりたいものです。

5/26(月)まで(21.22休)
下井草 ギャラリー五峯
11:00~19:00
http://gallerygoho.blog.fc2.com
blogで紹介していた着物の日傘を中心に
手作りの日傘を販売しています。
西武新宿線下井草駅のすぐ近くです。

日傘のワークショップ

image

 

いつもアートボランティアをしているアトリエアミーゴにて、ワークショップと展示の機会をいただきました。緑豊かな雰囲気のある建物で、いい時間を過ごせたらと準備を進めています。
今回は無地の傘に装飾して、骨に止めつける仕上げ作業を体験をしてもらいます。もちろん装飾部分の生地はお好きなものを持ってきてもOK。できる範囲でなるべく自由に。

日傘をデザインする
5/30(金) 10:00〜17:00
入間市文化創造アトリエアミーゴ
参加費 5000円
撥水加工生地、タッセル代含む

お申し込みはアミーゴまで
埼玉県入間市仏子766-1
04-2931-3500

http://i-amigo.net

都内からちょっと遠いですが、池袋から西武池袋線、神奈川からも西武線乗り入れでグッと近くなりました。アウトレットの隣の駅です。

レトロな日傘

image

まだ5月だということを忘れてしまいそうに暑いですね。電車やバスももうクーラーが当たり前になっています。街を歩けば日傘の数を数えてしまう今日この頃。毎日家を出てから「日傘持ってくればよかった」と反省するのんきな日傘屋です。(汗)

さて、今作ってるのはこんなレトロ感漂う昭和な日傘。どうです??かわいいですよね〜。と自分がメロメロ。もうこの反物に出会ってから、今年は全部こんなの作りたい!と野望をいだきましたが、生地もそうそう手に入りませんので妄想を膨らませるにとどまっています。多分作ってるとき相当ニヤけてますよ。

初夏のおでかけ展

image始まりました『初夏のお出かけ展』。日傘はもちろん帽子や腕カバーなど今からすぐ使えるグッズが揃いました。初日の今日は、楽しみにされていた方も多いようで、たくさんの方にお越しいただいています。 ギャラリー五峯は西武新宿線 下井草駅すぐ前です。

これからの展示予定

いよいよ日傘のシーズン到来です。
今後の予定をご案内します。
お近くへお越しの際はお立ち寄りいただけると嬉しいです。

グループ展「「初夏のおでかけ展」
5/16(金)〜5/26(月)(21.22休)
下井草 ギャラリー五峯
11:00~19:00
http://gallerygoho.blog.fc2.com
blogで紹介していた着物の日傘を中心に
手作りの日傘を販売します。
西武新宿線下井草駅のすぐ近くです。初夏の雑貨が揃います。
*初日16日(金)と18日(日)14時頃から在廊します。

アートサロン 〜伊藤ノブコ展〜
5/30(金)〜6/5(木)
入間市文化創造アトリエ・アミーゴ
10:00~17:00(最終日は16:00まで)
http://i-amigo.net/index.htm
日頃の傘づくりと少し違う角度から
傘を使ったアート作品の展示をします。
ピクニックにもピッタリの素敵な場所です。
(5/30(金)ワークショップ 日傘をデザインする)
*土、日在廊予定。月曜以降は未定。

伊藤ノブコの「ひ・が・さ」展
7/1(火)〜7/5(土)
神楽坂 temame
11:00~18:00
http://www.grazie.co.jp/temame/
昨年に引き続き、普段使いの
大人のための可愛い日傘をお届けします。
オーダーメイドのご相談も受付の予定です。
美味しいお茶とお菓子のカフェで神楽坂散歩もおすすめです。
*毎日午後から在廊予定です。
1461751_370845696384722_598544500_n

母の日の日傘

image
image離れて暮らすお母様とおば様への母の日のプレゼントにと、旅の思い出の詰まったバティックからご注文いただきました。手元とボーダー柄で少し変化をつけたお揃いの2本。涼しげでとても素敵に仕上がりました。暑い国の布は日差しを浴びるととても美しいので日傘にもぴったりです。夏の間も、ずっと親孝行のお手伝いしてくれるといいなと思います。

初夏のおでかけ展 5/16〜

素敵なDMが仕上がってきました。5/16から始まる『初夏のお出かけ展』にパラソラの日傘も置いてもらいます。大人の夏グッズが色々揃うそうで私も今から楽しみです。詳細は追ってご案内しますね。

西武新宿線下井草駅前 ギャラリー五峯

IMG_7017

傘の縁にミシンがけ

今週は傘を使った作品を作っています。まずは生地を裂いて縁にみつ巻ミシンをかけるところからスタートです。(音出ます)
このみつ巻、簡単そうですが練習が必要で最近やっと長距離を縫えるようになってきました。

夜桜見物

きのう、飛鳥山公園の夜桜見物へ行ってきました。江戸時代の人も同じように楽しんでいたんでしょうかね。まだまだ綺麗でした。
10256240_432142620255029_3236535610638304338_n

飛鳥山も満開!

バスの中から見た飛鳥山公園はほぼ満開です。
途中で降りて寄り道したくなるのを我慢して
・・・でもそわそわ。
IMG_6683

東京国際キルトフェスティバル

東京国際キルトフェスティバル、最終日の今日、東京ドームへ行ってきました。作品はもとより、全国から集まる材料関係のお店を見て歩くのが毎年楽しみです。今年のお目当てはミシン屋さん。なにせ今使っているミシンは50年近く使っている年季もの。まだまだ現役ですが最新のミシン事情などきいてきました。…というわけで、ただ今ミシンが欲しくてミシンで頭がいっぱいです。
image